未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

英語ができるメリットと英語ができない原因

f:id:Route2DN:20181104205213j:plain

前の会社では英語でプレゼンする機会が年に1~2回ほどありました。

具体的には国際学会や海外出張です。

お世辞にも出来が良かったとは言えず、私の中では嫌な仕事の一つでした。

 

今の会社の職場では読み書きの力が求められることはあっても、話す力を求められることはほぼありません。

なので自分にとっては苦手な仕事が減り、ストレスの少ない環境になりました。

 

しかし本当に英語を話すことをこのまま諦めてしまってよいのか最近考えております。

 

目次

 

英語ができるようになることのメリット

1.業務上有利になることが多い

今の職場では英語で話す機会がないと書きましたが、それは自分が望まなければ避けられるという意味合いです。

積極的に手を挙げて海外に行きたいアピールをすれば英語を話す機会はそのうち得られるでしょう。

 

会社としても国内だけでやっていけないことはわかっていますから、やはり海外に出ていく人材は重宝されます。

別に出世には興味ありませんが、英語というスキルで自分の評価が上がり給与に反映されるなら習得する価値はあるように思えます。

 

また、今の職場でも依然として英語を読む力は求められます。

なぜなら業務で一般的に使用しているエンジニアリングソフト(Aspen)や流動解析ソフト(ANSYS Fluent)などは軒並み欧米の会社が作っているからです。

 

GUIは英語です。マニュアルも基本英語です。

 

親切な会社は日本語でマニュアルを作ってくれていたりしますが、日本語訳が変で読みづらかったりします。

加えてマイナーな項目についての質問は日本支社では対応できず本国に問い合わせせざるを得ないケースもあります。

 

英語ができることに越したことはありません。

 

2.投資における情報収集能力が上がる

以前にダイヤモンド・ザイで米国株特集がやっているという記事を書きました。

www.think-future.net

こういう記事を書くくらい日本語で得られる米国株の情報って少ないと思います。

 

もし日本語と同じくらい英語もできるようになったら間違いなく英語で情報収集します。英語で直接情報を得られるとしたら情報のスピード・正確さ・量も段違いになるでしょう。

 

今後も米国株を中心に投資していくとするならやはり英語のスキルは必要ではないかと考えています。

というより投資のスタンスとして米国経済が今後も世界の中心だと考えているのに、その国の言語を習得しないのはどうなの?という話です。

 

英語ができないのは"英語力"がないからなのか?

これほどメリットがあるなら是が非でも英語を習得すべきですね。

今までずっとそう思いつつそれなりに勉強したにも関わらず、結局英語ができるようにはなりませんでした。

 

バカな私でもさすがに気づきました。

これまでと同じように英語を勉強してもダメだと。

 

ということでこれまでの人生で英語が求められてきた状況を振り返り、うまく英語を話せたときとそうでなかったときに分けてみました。

 

英語がうまく話せたとき(それなりに楽しかったとき)

・頑張って用意した資料でプレゼンしたとき

・週一で会う英会話講師と話すとき

 

英語がうまく話せなかったとき(全くつまらなかったとき)

・懇親会、パーティーなどのフリートーク

・ビジネスの場での雑談

 

こうして整理してみると傾向が明らかでした。

英語がうまく話せなかったときというのは、英語のスキルに関係なく単に私が不得意な場面だったいうことです。

f:id:Route2DN:20181104205435j:plain

私は懇親会の場での他愛ない雑談や、ビジネスの場での本題に入る前の掴みの会話が死ぬほど苦手です。

日本語でできないのに英語でできるわけありませんよね。

 

後は初対面の人と話すのも苦手です。

今思うと週一の英会話講師とのレッスンが楽しかったのは、何回も会って顔見知りになっていたからでした。

 

ということで要はコミュニケーション力に原因がありそうだというのが今のところの結論です。

がむしゃらに英語を勉強するのではなく、まずは日本語で良いので苦手なシチュエーションを克服する練習をした方が良さそうです。

 

まとめ

単にマニュアルを読むため、情報収集のためならひたすらリーディングを鍛えるのも良いかもしれません。

しかし英語は言語ですから。話してなんぼのスキルだと思います。