未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

私が日本株を辞めた訳

f:id:Route2DN:20180718212711j:plain

今年の1月ごろから本格的に株を始めて半年以上経ちました。この半年で自分に合った投資方法を試行錯誤してようやく結論が出ました。

 

自分には日本株は合わない、と。

 

目次

 

右往左往したこの半年

始めた当初はまず日本株を買って値上がりを期待していました。

物足りなくなって信用取引にも手を出していましたが、2月の米国金利の影響で一気に下落。

 

損切りしようか迷いましたが、買った株はどれも業績はいいものばかり。

3月の決算発表に期待して保持したところ、なんとか元値付近まで戻したので売却して事なきを得ました。

 

今思うと投資の方針がブレブレでした。

1週間~1ヵ月の中期保有のつもりで買ったものの、買った理由は「業績がいいから」という長期投資向けの理由でした。

 

よくこれで大きな損失が出なかったなと思います。単に運が良かっただけです。

 

日本株が合わなかった理由

長期保有したい銘柄がない

私が株に投資する理由は20年30年後の資産形成のためです。なのでそのくらいのスパンで株を保有したいのですが、日本企業にあまり魅力を感じません。

 

route2dn.hatenablog.com

関連することを上の記事でも述べましたが、自分が定年するころに日本企業が活躍しているビジョンがあまり見えないんですよね。

 

加えて日本株はボラリティが高いとよく言われます。株価の上下変動が激しいので、短期トレードをやるぶんにはいいかもしれません。

が、長期保有には向かないと思っています。

 

短期トレードが自分に合わない

ということで日本株をやるなら短期トレードだ! とわかってはいるのですが自分には合いませんでした。

 

平日は仕事なのでリアルタイムに売買することはできません。

とはいっても気になるのでお昼休みにチェックしていますが、タイミングを逃している感が半端なくてストレスが溜まります。

結果、仕事にも支障が出たりして悪循環でした。

 

米国株投資に行き着く

そんな私が行き着いたのが米国株投資でした。

40年50年というスパンで連続増配している会社がゴロゴロあり、日本企業に比べたら事業規模もはるかに大きい。

長期保有を考えるなら言うことないですね。

 

売買手数料が高かったり、二重課税される点などデメリットも確かにあります。

 

ただ私の場合は長期保有目的で頻繁に売買しませんので手数料はそれほど気になりません。二重課税も確定申告をすれば何%かは返ってくるとのことです。

 

ということで私は日本株を辞めて米国株に落ち着きました。

 

まとめ

投資の目的は人それぞれですのでこれが正解というのはありません。投資をする目的を忘れないことが大切ですね。