未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

教育ができない会社は潰れる運命にある

f:id:Route2DN:20180824113933j:plain

資産運用にはリスク分散という考え方があります。

様々な銘柄にバランスよくリソースを振り分けることで安定した収益が得られます。

 

その一方で会社では特定の人に仕事が集中している光景をよく見ます。

その人が良い人であるほど仕事を断らず何でも引き受けてしまう印象です。

 

その人が健康的に働ける間はよいですが、何かあって働けなくなったときのことを考えると非常にリスクが高いです。

 

なぜリスク分散を人間相手に出来ないのでしょうか?

 

目次

 

即戦力を求める風潮は危ない

最近はどこの会社でも業界経験者、いわゆる即戦力を求める風潮が高くなっている気がします。

 

昔と比べて転職がしやすくなったことも要因ではあります。

 

ですがその裏返しとして新人への教育がないがしろになってはいないでしょうか?

 

現在の新卒者の離職率は入社3年間で3割と言われています。

どうせ入社しても3割は辞めてしまうので、だったら中途採用で即戦力となる人材を雇う方が教育コストを削減できて合理的だという考えは非常に危ないです。

 

なぜなら最初から仕事ができる人間などいないからです。

誰かが育てなければ人材は育ちません。

 

新人への教育コストを減らし即戦力を求める会社が増えてしまうと、その業界全体で人の取り合いとなってしまいます。

 

結果として人材を確保できない会社は一人当たりの仕事量を増やさざるを得ません。その量に押しつぶされてまた一人会社を辞めていく・・・。

 

まさに悪循環ですね。

 

教育がいかに重要か

仕事ができるようになるかはもちろん本人の資質によります。

が、その人への教育の質や仕事の振り方も大きく影響します。

 

私はかつての連合艦隊司令長官、山本五十六の言葉が好きです。

 

「やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ」

 

現代の会社の教育でこれをやれている組織がいったいどれほどあるでしょうか?

 

たいていの上司や先輩は "言って聞かせて" 程度の指示で、「後はできるよね、よろしく」で終わってませんか?

 

「何かわからないことがあったら聞いてね」と、フォローした気になっている上司は多いかと思いますが、そんなのは気休めです。

f:id:Route2DN:20180824113735j:plain

本当に複雑な業務は何を聞けばできるようになるのかすら理解しがたいものです。

 

自分の仕事が忙しいからと、部下や後輩のために時間を割くことを嫌がる人は上に立つべきではありません。

 

まとめ

専門性が高くなればなるほど人材が限られるのはある意味必然です。

だからこそそのリスクを低減するのがマネジメントや教育の役割であるはずです。