未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

転職する時期は年度末が最適?

私自身、今の会社に転職して半年が経ちました。その中で転職に関して少し間違えたかなと思うことがあったのでご紹介します。

 

それは会社を移る時期です。

 

目次

 

理想は年度に合わせて移ること

転職活動のスケジュールは自分でコントロールすることが難しい面もあります。なので絶対にこの時期に転職すると決めて活動するのは危険でしょう。

自分でリミットを決めてしまうと、選考がうまく進まないときに焦ってしまいます。

 

それでも理想を言えば、転職時期のベストは3月末に退職し、4月1日付けで入社することだと最近思うようになりました。以下に理由を述べます。

 

1.仕事の区切りがつきやすい

やはり年度末を区切りとしている会社は多いです。自らの退職に向けた調整と、会社側の調整が噛み合いやすいと思います。

早期に退職したい場合でも、年度末までは仕事をしてくれと会社に頼まれることもあるかもしれません。

 

2.新卒の教育スケジュールと合わせやすい

個人的にこの理由が大きいと思います。最近の人手不足の影響もあって、新卒でなくても20代ならば若手とみなされて、新人向けの教育を受けさせてくれることが多いです。

 

うまく4月に入社できればそのまま新卒の教育に乗っかることができます。

 

他にも理由はありますが、 基本的には会社側のスケジュールと合わせやすいのが年度末転職の良いところですね。

 

年末転職のメリット

f:id:Route2DN:20180716094838j:plain

私自身は12月末に退職し、1月に入社しました。狙ったわけではなく転職活動の進捗から自然とそうなっただけです。

中途半端な時期に入社してしまったため、前述した新人向けの教育に乗っかりづらいと感じています。

 

ただ今思うと2つほどメリットがありました。

 

1.ボーナスをもらってから退職できた

私の前の会社は12月が賞与月であったため、満額をもらって退職することができました。賞与の扱いは会社によって違うのでよく確認しましょう。

 

2.引っ越しをスムーズに行なうことができた

年末って意外に引っ越し業者が空いていました。そのおかげでスケジュール的にも費用的にも余裕のある引っ越しが行えたと思います。

 

一方で年度末は世間の引っ越し時期と被るため引っ越し業者を確保するのが大変だという話を聞きます。

引っ越し費用も通常の2倍、3倍取られるのは当たり前だとか。年度末転職をされる方はお気をつけください。

 

まとめ

転職時期にこだわる必要はあまりないと思いますが、調整できるのであれば4月入社を目指した方が良いのではと思います。