未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

投資信託の楽天カード決済に備えてチェックしておきたい商品

f:id:Route2DN:20180908101033p:plain

画像は下記サイトより引用

www.rakuten-sec.co.jp

 

2018年10月27日から楽天証券で投資信託の積立注文をする際に、

新たに楽天カードのクレジット決済が可能になる

とのニュースが発表されました。

 

カード決済分は普段の買い物と同じように1%のポイントが付きます。

 

積立上限は月5万円までなので、年間最大で

5万円×12×0.01=6000ポイント付きます。

 

貯まったポイントで投資信託を買うこともできるので、再投資すれば非常に効率よく資産形成できそうですね。

 

とは言え問題なのは商品選びです。

毎月毎年コツコツと積み立てることを考えるとなるべく安定的に成長する商品がいいですよね。

 

今回はこの投資信託積立に向けてチェックしておきたいお勧め商品を紹介します。

(2018年9月の情報です)

 

目次

 

信託報酬が安い米国商品を

私は米国系の投資信託をお勧めします。理由は2つあります。

 

管理運営費(信託報酬)が安い

投資信託を長期的に運用するにあたって重要なのが管理運営費(信託報酬)です。

 

投資信託では過去の運用パフォーマンスが載っていますが、私はあまり参考にしていません。

10年20年くらいの長いスパンの傾向は見ますが。

 

運用の成績は予測し難いものですから、

であれば確実にかかるコストを減らしたいと考えています。

 

例えば日本国内の商品で買付ランキング1位は

 

ニッセイ日経225インデックスファンド

 

ですが、管理運営費は0.27%です。

 

最近噂のひふみプラスに至っては

管理運営費1.0584%です。

 

管理運営費をものともしない成績を出してくれればいいのですが、そんな保証はどこにもありません。

 

一方で後述しますが米国系の投資信託は日系の商品と比べて安いものが多いです。

 

米国市場が安定的に成長する見込みがある

私はこのブログで米国株投資を勧めてきました。

www.think-future.net

www.think-future.net

上の記事は米国個別株について書いていますが投資信託でも同じです。

 

日本と比べると企業の大きさや安定性が段違いです。

 

まさにコツコツと積み立てて長期保有するのに向いてます。

 

お勧めする米国系投資信託2商品

楽天・全米株式インデックス・ファンド

管理運営費:0.1696%

 

私はもうすでにiDeCoでこの商品を毎月積み立てて運用しております。

www.think-future.net

まだ運用を始めて1年も経ってないですが現在の運用利回りは10.72%ほどあります。

たまたま始める時期が良かったからかもしれませんが、この調子で成長してほしいですね。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

管理運営費:0.1728%

 

最近楽天ポイントでちまちまと買いだしたのがこの商品です。

 

純粋にS&P500に連動する商品が欲しいと思って買い始めました。

 

同じくS&P500に連動するiFree S&P500インデックスという商品よりも管理運営費が安いのがいいですね。

(iFree S&P500インデックスは0.243%です)

 

ちなみに楽天・全米株式インデックスファンドとeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)のどちらが良いかについてはこの方の記事が非常に参考になります。

siegeljiro.com

 

結論としてはどちらも優劣つけがたいとのことです。

私は両方運用していくつもりです。

 

まとめ

ポイントで積立分の1%が確保できるのはかなりおいしいです。

私は元々クレジットも証券会社も楽天だったのでそのまま恩恵に預かれます。

 

他の証券会社ユーザーの方はこれを機に移管を考えてみるのも良いかなと思います。

 

しかしなんだか話がうますぎる気がして私も半信半疑です。

今後の楽天の情報は逃さずチェックします。