未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

他の人に資産運用を勧めたい

f:id:Route2DN:20180726203347j:plain

最近職場で資産運用の話をする機会があったのでiDeCoの話をしました。しかし興味を持ってくれたのはもともとiDeCoに加入している人だけでした。

 

この手の話って興味ない人には全く響きませんよね。なぜでしょうか。

 

目次

 

入社直後は株とか保険とか勧誘されまくりでした

私が初めて資産運用っぽいことをしたのはちょうど社会人になったころです。

 

会社に勧められるまま自社株を購入したり、企業型DCに加入して毎月コツコツと給与天引きされていました。当時は運用しているうちに若干欲が出て

 

「こんな業界4番手の自社株を買うくらいなら、もっと他の優良企業株を買った方が儲かるんじゃないか。」

 

みたいなことを思っていました。

とは言えども前の会社では資産運用に本腰を入れることもなく、だらだらと過ごしていました。

あまり浪費せず貯金が溜まっていたのが不幸中の幸いでした。

 

自分の未来に危機感を覚える

本格的に興味を持ち運用を始めたのが半年ほど前のことです。

www.think-future.net

こちらの記事でも書きましたが転職がきっかけでした。

転職することがなければ私は米国株投資など考えもしなかったでしょう。

 

資産形成は何かのきっかけで自分の未来を考え直すことがないと興味が持てないのでは、と私は思います。

 

特に「今の会社で頑張って働けば将来もなんとかなるだろう」、と思っている人に興味を持ってもらうのはかなり厳しいです。

 

その考えを否定するつもりは全くありません。精一杯働き会社に貢献することは立派なことだと思います。

会社も頑張ってくれた人は優遇するので、資産運用などしなくともなんとかなってしまう人も大勢いらっしゃるでしょう。

 

ただ私は一度会社を辞めた立場ですので手放しで会社を信用する気にはなれない、ということです。

 

まとめ

私のきっかけは転職でしたが、人によっては結婚や出産、あるいは法事だったりするのでしょう。

人それぞれ考えがあるので、無理に勧めることだけは控えます。