未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

退職交渉指南 ~ちゃんと辞めて次の会社に移るまでが転職です~

転職活動をして無事内定をもらった方、おめでとうございます。

 

しかし安心するのはまだ早いです。

あなたはまだ"転職活動中"なのです。

 

帰るまでが遠足なのと同じように、今の会社を辞めて次の会社へ移るまでが転職です。

 

今回は退職交渉において気をつけるべきポイントを私の経験をもとに書きました。

 

目次

 

退職を会社に伝える

f:id:Route2DN:20180716095254j:plain

内定もらう前に漏らしてませんか?

転職活動は基本的に自分一人で行なうものです。周りの同期や友人に支えてもらうことはできません。人によっては心細くなってしまい、会社の同僚に話してしまうことがあるかもしれません。

 

しかし人の口に戸は立てられません。誰かに話してしまうとどこからか話が漏れて自分の上司や人事の耳に入るリスクがあります。

 

少なくとも内定を取るまでは誰にも話さないほうが賢明でしょう。

 

直属の上司に一対一で伝える

退職の意思は内定受諾後に直属の上司に一対一で伝えましょう。

これが会社に退職を伝える最初のステップとなります。

 

はっきり言ってめちゃくちゃ緊張します。

私は面接より緊張しました。ただそのときの私の上司は転職経験者で理解のある方だったので、まだ穏やかに話が進んだ方だと思います。

 

直属の上司には話しにくい、という方もおられると思います。

しかし退職を進める上でこのステップは避けては通れないでしょう。別の仲の良い上司や人事に先に伝えてしまいますと話が拗れる可能性があります。

 

なるべく転職をスムーズに進めるためにも正しいステップを踏みましょう。

 

転職するか迷っているときは内定受諾前に伝える

退職の意思を会社に伝えると、たいていの会社は引き留めようとするでしょう。業務の内容を見直す、部署を変える等、そこそこ惹かれる改善案を提示してくれる場合もあります。

 

退職の意思がはっきり決まっているのなら突っぱねればいいだけです。しかし内定はもらったものの、本当に転職するのかどうか悩む方もおられると思います。

 

そのような場合は内定を受諾する前に現職の上司や人事に相談すべきだと思います。

わざわざ転職せずとも、人事異動等の処置で仕事の悩みが解消されるのでしたらそれに越したことはありません。

 

大事なのは転職をすることではなく、より充実した仕事ができることなのですから。

 

退職理由を説明する

f:id:Route2DN:20180716110114p:plain

あなたが現職である程度真面目に働いてきたならば、まずは引き留められます。

上司や人事の方と複数回面談を行ない、退職理由を中心とした事情を細かく聞かれるでしょう。

 

ここで悩むのが現職の会社に退職理由をどう説明するか?です。

だいたい3パターンくらいに分かれそうです。

1.具体的な理由は言わず一身上の都合で、を貫く。

会社に退職理由を言わなければ辞められない、ということはありません。退職の意思さえ表示すれば法律上は問題ないと思います。ただあまり現実的ではないと思います。

 

会社にしつこく理由を聞かれても当初の姿勢を貫ける方はどうぞ。

 

2.当たり障りのない理由をでっちあげる。

完全に別業界に転職し、現職の会社との接点がなくなる人にとってはよいかもしれません。ただ何かの拍子にばれると後が怖いのでお勧めはしません。

 

3.正直に話す。

退職理由に後ろめたいことがなければ正直に話すのが一番良いと思います。

家族や家庭の事情であれば、会社がどうこうできる問題ではないのですんなり相手を説得できると思います。

 

問題なのは仕事の内容に不満があって転職する場合です。

仕事内容を調整したり、部署を異動することで転職しなくても不満を解消できる、という反論の余地を残すことになります。

 

私自身このケースだったのですが、最後まで相手を納得させることができませんでした。私の理論武装が甘かったのはあります。

が、それ以上に仕事に対する価値観は人それぞれなので議論が平行線になりやすいのです。

 

とはいえ、たとえ相手を納得させられなくても辞めることはできます。私も最終的には理系の人間にあるまじき感情論で押し切りました。

会社側も辞めたいと言っている人を必要以上に留めるのは不可能ですから。

 

ただ一点気をつけておきたいことがあります。自分の転職先の会社名を伝えるかどうかです。私の経験から言うと、伝えない方がよいです。

 

なぜなら転職先のネガティブキャンペーンが多かれ少なかれ発生してしまうからです。

 

「転職先は君が思っている以上に大変だよ。」

「今は景気が良いみたいだけどここから落ち目になるよ。」

「その会社の現場はやばいよ。」

 

などいろいろ言われます。対処法は気にしないことです。彼らは想像で言っているに過ぎませんから。

 

何が正しいかはその会社に入社すればわかります。転職して答え合わせしましょう。

 

退職日を早く決めるべき

f:id:Route2DN:20180716105034j:plain

退職理由を伝え、ある程度話が進むと次は当然いつ辞めるのかという話になります。

 

退職の意思を会社に伝えるときに、同時に何月何日をもって辞める予定ですと伝えておくとスムーズに話が進むと思います。

 

というより普通はいつまで勤められるのか向こうから聞いてくると思います。

 

退職日を決めることが重要な理由ですが、

1.社内の引継ぎを済ませる必要があるため

2.転職先にいつから出勤できるのか伝えるため

大雑把にこの2点です。

 

1の社内の引継ぎに関しては、どのくらいの期間が必要かは完全に人によります。

早い人なら1~2週間で済むかもしれませんし、遅い人なら半年かかるというような話も聞いたことがあります。

 

自分が現在重要なポジションにいて、引継ぎに時間がかかりそうな場合は早い段階でその旨を転職先に伝えておいた方がよいと思います。

 

2の理由に関しては単に出勤日を決めるというだけではありません。

転居先や引っ越しの日にちも決めなければなりません。転職先の社宅や寮に入る場合はいつから受け入れ可能か聞いておく必要があります。

 

もちろんこのような手続きは転職先の人事も把握しているのでサポートしてくれるとは思いますが、自分で把握しておくに越したことはありません。

 

転職先とのやりとりについて

転職サイトを通して募集に応募していると、企業とのやり取りは転職サイトのアドバイザーを通じて行なう形が多いかと思います。

 

選考段階では自分で直接企業に連絡しなくてよいので重宝します。

しかし内定をもらってからは自分で直接連絡するのが早いと思います。

 

私自身、退職交渉の始めはアドバイザーを通じて転職先とやり取りしていました。

ですがアドバイザーを通しているぶん連絡が遅くなり、転居の日にちを決めづらかったことがありました。

 

退職交渉に入った時点で転職先との連絡手段を切り替えましょう。

 

有給消化をする

退職日は予め有給消化することを織り込んで設定しましょう。

当たり前ですが大事なことです。

 

有給消化すべき一番の理由は転居に時間がかかるからです。

多くの方は引っ越しや役所の手続きに慣れていません。

思わぬところで時間がかかったりするので、余裕のあるスケジュールを組みましょう。

 

個人的に時間がかかったのが車検証の住所変更です。車を購入するときに分割払いにしていたりすると、車の名義がディーラーになっていることがあります。

 

そうなると自分の判子だけでは住所が変更できません。ディーラーから委任状をもらう必要があります。

車検証の住所変更自体をディーラーに委託すれば悩む必要などありませんが、自分で住所変更される方は注意しましょう。ご参考までに。

 

f:id:Route2DN:20180717211027j:plain

また、次の会社に入社する前に旅行など遊びに行き、リフレッシュしたい方もいるでしょう。

会社勤めが始まってしまうと長期休暇が取れるタイミングは限られます。

どこか行きたいところがある方はぜひこの機会に行かれることをお勧めします。

 

私の場合は前の会社で3年弱勤めて30日ほど有給が余っていました。そのうち退職時に消化できたのは10日ほどです。

変な気を使わず全部消化しておけばよかったと今になって思います。

 

まとめ

退職交渉で話が拗れると、最悪の場合せっかく内定をもらったのに転職できないケースもあり得ます。

最後まで浮かれず慎重にいきましょう。