未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

投資初心者が初心者向け商品を買うためには?

f:id:Route2DN:20180809212422j:plain

最近リアルで資産運用に興味がある知り合いができました。

投資信託や積立型の保険をメインに運用しておられ、近々iDeCoも始めるとのこと。喜ばしいです。

 

その方はネット証券ではなく窓口で口座を開いたとのことで、担当者が親切にいろいろ教えてくれるそうです。

ときにはよくわからない商品をお勧めされることもあるが、決して無理強いする方ではないとのこと。

 

しかしその担当者が勧める商品を聞いて驚きました。

直近だとインドの投資信託を勧められたとか。

いくらなんでも初心者に勧める商品ではないでしょう、と私は思いました。

 

目次

 

そもそも日本株が初心者に優しくない

日本人が株を始めるにあたってまず買おうとするのは日本株でしょう。私もそうでした。

しかし以前の記事でも書いた通り、

www.think-future.net

日本株はボラリティが高く、どちらかというと短期トレード向きな相場です。短期トレードはチャートの読み方やシグナルがわからなければまず話になりません。

 

株を始めたばかりでろくにチャートも読めない初心者が生き残れる市場ではないでしょう。

よくわからないまま買った株が含み損を出し、売るに売れなくなって塩漬けに。

当然株へのモチベーションは下がり資産運用どころではなくなります。

 

たまたま運が良くて致命的な損失を出さずに済んだ投資家のみが次のステップに進める。

日本株から始める投資初心者はそういう傾向にあるのではと思います。

 

ある程度知識を得て初めて初心者向け商品に行き着く

私がインデックス投資という概念を知ったのは本格的に株を始めて3~4ヵ月後のことでした。

 

インデックス投資とは日経平均株価などの指数に連動して運用され、市場平均並みの利回りを目指す投資法です。

 

この手の指数は数十~数百の主要銘柄で構成されているため分散投資の効果があります。初心者にありがちなピンポイントで個別株を買って外すリスクは抑えられます。

 

なのでどの株が伸びるかではなく大雑把にどの市場が伸びそうかで商品を選ぶことになります。個別株をあまり勉強しなくてよくなるという意味でも初心者向けです。

 

とはいえどの指数に連動する商品を選ぶかはやはり重要です。

私がお勧めしたいのはS&P500という指数に連動する商品です。S&P500は米国を代表する企業500社で構成される指数です。

 

以前の記事でiDeCoの運用商品に「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を選んだと書きました。

www.think-future.net

例えばあれはS&P500に近い意味合いの商品になります。米国株に広く分散して投資をしている効果があるという点で同じです。

他にもS&P500に連動する商品はたくさんあります。

 

このS&P500に連動する商品を買っておけば米国の主要な企業に分散投資したのと同じ効果が得られます。

小難しいポートフォリオなど考えなくてもよいのでまさに投資初心者向きです。

 

というような知識を投資初心者が最初から得られていれば、日本株で挫折することなく資産運用を続けられるのに、と私は思います。

 

まとめ

冒頭の話に戻りますが、今後伸びる市場という意味ではインドも有望ではあるのでしょう。

でも新興国の商品は得てして手数料や信託報酬が高いです。米国の方が無難な気がします。