未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

若手に経験を積ませるという建前、見抜かれてますよ

f:id:Route2DN:20180824180203j:plain

誰しも入社した当初は雑用や面倒な仕事を押し付けられることがあるかと思います。

別に若手が面倒な仕事をやること自体にどうこう言うつもりはありません。

 

問題なのは、「これはいい経験になるから」という建前で面倒な仕事を振られるケースです。

 

はっきり言ってバレバレですよ。自分が面倒な仕事をしたくないから若手に押し付けていることが。

 

目次

 

フォローやフィードバックがあるかないか

私は前の会社で学会発表に行くことが何回かありました。

最低でも部署内の誰か一人が参加しなければならない謎のルールがあり、たいてい若手が行かされました。

 

「学会発表はいい経験になるから行ってこい」、と。

 

上司の言っていること自体は間違っていませんし、確かに良い経験にはなりました。

 

ただし発表資料のチェック発表後に浮き彫りとなった課題に対するフィードバックがほとんどなかった点を除けばですが。

 

要するにその上司にとって学会発表とは自分の部署でこなさなければならないノルマに過ぎず、"いい経験になるから"というのは仕事を振る口実に過ぎなかったのです。

 

本当に若手のための学会発表と思っている上司なら、フォローしてくれるはずです。

 

"学会発表"という成長の場を与えてもらっているだけマシだ。

それ以上のフォローを上司に求めるのは甘えすぎ、という意見もあるかもしれません。

 

しかし社外に向けて情報を発信する以上、発表資料のチェックは上司が責任を持ってすべきでしょう。

やらないのはコンプライアンス的にも問題です。

 

仕事の振り方が下手

確かに将来、何の経験が役に立つかわかりませんから若いうちに様々な仕事をすることは重要でしょう。

 

しかし年配の人がその心理に付け込んで、「お前のためだから」と恩着せがましく面倒な仕事を振るのはおかしいと思います。

 

いっそのこと「面倒な仕事ですまないけど、やってくれないか」と正直に言ってくれた方が若者もモチベーションが保てますよね。

 

部署の中で誰かが面倒な仕事をやらなければならないとしたら、まず自分に来るだろうというのは若手もわかっています。

 

面倒な仕事だからモチベーションが低くなるわけではありません。

上司や先輩の打算的な言動が見えるからモチベーションが低くなるのです。

 

まとめ

上司と部下の信頼関係ってこういう言い回しが案外重要だったりします。建前ばかりで本音を見せない上司は部下も信用できないでしょう。