未来を考えるエンジニアのブログ

より良い未来を目指してライフハックを考えています

株主優待狙いは本当にお得?

私が株を始めたころは株主優待がもらえる銘柄にものすごく興味がありました。

特に食品や商品券がもらえる銘柄を調べては株価が下がらないか毎日チェックしたものです。

 

ですが結局株主優待の銘柄を買うことはありませんでした。

 

物でもらうよりもお金でもらった方が良いことに気づいたからです。

 

目次

 

最初はお食事券がほしかった

f:id:Route2DN:20180719204448j:plain

褒められた話ではありませんが、私はハンバーガーが大好きです。少なくとも月に一回はマクドナルドに行きます。

 

そんな私ですからマクドナルド株を買って優待をもらうことは当然考えました。優待の最低取得額が10万20万であったならノータイムで買ったと思います。

 

しかしマクドナルド株の最低取得額は約50万円。さすがに優待をもらうためだけに投資するのはためらいました。

 

少し冷静になった後、優待のお食事券について調べました。50万円投資して、いったいどれだけの金額をただで飲み食いできるのか、についてです。

 

マクドナルドのお食事券は半年に一回、100株(50万円)につき1冊もらえます。年に2冊ですね。

1冊につきバーガー、ポテト、ドリンクのセットが頼めるものが6セット入っているとのことです。2冊分で12セットですね。

お店でセットを頼むとだいたい600~700円くらいはしますよね。仮に700円だとすると12セット分で8400円になります。

 

お金で換算するなら年間で約1.7%の還元率になります。

 

なんか微妙じゃないですか?

 

お金はハンバーガーを兼ねる

仮に配当金重視の銘柄に投資していたとしたら、物ではなくお金で還元されるわけです。

なおかつ日本株でも年3~4%の配当金を出す有名企業はけっこうあります。

米国株なら年5~6%出す企業も多いです。

 

それなら配当金重視で投資をして、もらったお金でハンバーガーを買った方がよくないですか?

 

別にハンバーガーを買う必要性はありませんが。

 

まとめ

優待の内容によっては還元率が高いものもあるかもしれません。しかしやっぱりお金でもらった方が何かと都合がいいですよね。

 

特に長期投資を志すならもらったお金をそのまま再投資することが非常に重要です。

 

参考までにこちらの記事もどうぞ。

www.think-future.net

www.think-future.net